◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カーポリッシャーで磨く
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


カーポリッシャーで車を磨く。
磨くと傷がとれる可能性があります。
ポリッシャーで磨くと傷がとれるというのが一般的な認識ですが、バフ目といって、先端のウールやウレタンなどの素材によって、細かい傷がついてしまうのです。
洗車のときに先端の素材にコンパウンドをつけて磨くことで、車のボディの汚れをとって、綺麗にするというのが目的のカー用品ですが、そのコンパウンドによって、電動の回転による円形の線がついてしまいます。
これがバフ目といいますが、これをとるためには、目の細かいバフを使用することです。
この方法は結果的には、傷が細かくてよく見えなくというものです。
研磨の前に下地処理剤などで下地処理剤をすることで、研磨の仕上がりがよくなります。
電動ポリッシャーは意外と安く購入することができます。
オークションでは、マキタ、日立、ムサシ、リンナイ、コンドルなどの製品を格安で落札することができます。
また、BOSCH、BAL、竹原など、いろいろなメーカーのものがあります。
BOSCHというと、バッテリーやワイパーなどのほうが有名かもしれません。
価格.COMなどで値段を調べると安く購入することができるかもしれません。
カーメンテナンスのためだけでなく、床などの掃除用でもよく使用されています。
いろいろな用途があって、主な用途としては、床用、車用、家庭用など、ワックスで磨いたり、汚れとりをしたりすることがおおいですが、他の用途もいろいろ考えられます。
清掃用具のレンタルを行っている業者からレンタルして、使用することも出来ます。
めったに床を磨くことがない場合は、レンタルの方が保管場所も必要ないのでよいかもしれません。
特殊なものとして、カーペットを洗浄できるというものもあります。
実物を見たことが無いという人も、床の清掃で使用しているものは、無意識のうちにみたことがあるかもしれません。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)カーポリッシャーで磨く