◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
歯髄炎の症状、歯髄炎の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


歯髄炎は、虫歯が原因で起こるので、もとになる原因は口の中の細菌です。
歯は、歯髄の上に象牙質、その上にエナメル質で覆われています。
エナメル質、象牙質が口の中の細菌が作り出す酸により、
溶かされて、歯髄に達することで歯髄炎になってしまいます。
歯髄の組織には血管や神経が通っているので、細菌が歯髄に達すると、
炎症が発生します。
冷たい水がしみたり、熱いものを食べたときに歯が痛くなったりしますが、
脈打つような痛みがあれば、歯髄炎の可能性があります。
レントゲンで診断することは難しいです。
症状や経過を総合的に判断して診断します。
薬は炎症を抑えるための薬を患部に詰めて、痛みには痛み止めの飲み薬を服用します。
歯髄炎は、神経を取らなければならないような状態で、もはや抗生物質の効果が期待できないこともあります。
進行し、細菌が歯根膜にまで及んで炎症を起こすと歯根膜炎となってしまうこともあります。
応急処置としては、通常の歯痛の応急処置と同じで、
ぬるま湯で口をすすぎ、口の中を清潔にして、痛む部分を中心に顔全体を冷やします。
鎮痛薬などを服用します。
自然治癒はしないので、後日、歯科に行く必要があります。
痛みがひどいと、頭痛まででることがあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)歯髄炎の症状、歯髄炎の治療