◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ソフトバンクのアイフォーン
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


ソフトバンクのアイフォーンを購入したいと思っている人が多く、予約でも在庫がほとんどないそうです。
価格は8Gが2万円台、16Gが3万円台と、最近の携帯の値段よりも安いです。
ソフトバンクの微妙にタッチパネルのようなものがある機種は8万円もする上に、iPhoneに比べて操作性がいまいちらしく、買った人は後悔しています。
通常の携帯の機能に加えて、音楽、動画の再生、電子メール、インターネットなども楽しむことができるので、発売前から期待と評判はかなり高くなっています。
故障が多いと言われるアップル製品ですが、最近の製品は使っていても、iPod nanoで同期した後で文字化けしたりする程度なので、安心して使用できると期待できますが、心配なら、しばらく待ってから、クチコミや評判などがネットで閲覧可能になるのを待って乗り換えるのもよいかもしれません。
結局、 NTTドコモから発売されることにはなりませんでしたが、ドコモで発売されたら、即購入とうい人もたくさんいます。
ドコモはブラックベリーというスマートフォンを発売して、対抗しようとしているらしいですが、スマートフォンとアイフォーンは大幅に操作性が違い、スマートフォンの場合、PIMの要素がつよくなってきます。
価格はドコモの場合、5万円くらいするので、値段の競争が始まるかもしれません。
905iを買った直後に906iが発売されて後悔しているのに、さらに906iが安くなったら、かなり損した気分になってしまいそうです。
ストラップがなく、落としやすいので、さっそく壊してしまった人もいるようです。
ただ、壊してしまうと7万円くらいの修理費用がかかってしまうことがあります。
もともと、8万円するものを、2年契約で、安く購入しているので、そんなに修理費用がかかってしまうそうです。
指紋が目立つということも問題点としてあげられます。
本体を白にすると、指紋が目立ちにくいそうです。
購入前の人は白を選ぶのもよいかもしれません。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)ソフトバンクのアイフォーン