◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
肩こりになる さまざまな要因
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


肩こりになるのはさまざまな要因が関係しています。
眼精疲労、筋肉疲労、血行障害、ストレスなどが
絡み合って、肩こりを引き起こします。

眼精疲労がひどくなると、肩こり、頭痛、吐き気、倦怠感
を引き起こすことがあります。
さらに眼精疲労には、強烈なストレスが伴う場合があります。
仕事に支障が出る場合もあります。
眼精疲労になることによって、肩こりを引き起こし、
全身の倦怠感で仕事がはかどらなくなるなんて最低です。

眼精疲労による肩こりは、なかなか解消されません。
ドライアイやテクノストレスの複合的な作用で
不快な症状は増え続けてしまいます。

解消するための解消グッズ、ストレッチ、体操など、さまざまな商品やエクササイズがあり、それだけ多くの人々の悩みの種であることがわかります。
運動やマッサージ枕やネックレス、ツボを押したり、多くの解消方法があります。

頭痛を引き起こしたり、めまい、吐き気を感じたりすることがあるので、ひどいときは病院で治療を受けることもあります。
首の痛みや腰痛も間接的に関係があることがあるので、それらをストレッチなどで軽減すると、ある程度改善されることがあります。
首の痛みや腰痛など以外にも、病気や内蔵の疾患などが原因となっていることもあります。
そのため、原因を究明したうえで、対策をすることが重要となります。
末梢神経の傷や歯の痛みや、ストレス、パソコンのやりすぎなど原因となりそうな行為は枚挙に暇がありません。
肩こりに効くツボをおしたり、肩甲骨をマッサージしたりします。
つぼは肩だけでなく、足にもあります。
ロート製薬の肩こり体操なんてものもあります。
ロート製薬のホームページで、動画はありませんが、肩こり体操の写真つきの説明を見ることができます。
解消する器具もいろいろあります。

飲み薬、貼り薬、塗り薬で治療してもダメなら、解消する器具を使ってみるのも良いでしょう。
目の疲れが原因となることがあるので、眼精疲労に効く薬を使うことが良いかもしれません。
どの薬がおすすめかわからない場合は、ランキングなどを参考にするとよいです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)肩こりになる さまざまな要因