◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
プロペシアの初期脱毛
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


プロペシアの発毛効果が期待できるのは、円形脱毛症ではなく、男性型脱毛症です。
男性型脱毛症はAGAとよばれ、現在では病院で治療できます。
男性ホルモンの作用による、遺伝的要素の強い脱毛に対して、男性ホルモンに働きかけることで、脱毛を抑制するという方法で効果を発揮しますが、そのため、眠気、精力減退などの副作用や、初期脱毛が起きることが起きます。
「プロペシアな日々」というブログで、写真つきで効果を実証しています。
ブログの写真を見る限り、少しは効果が出てきているように見えます。
プロペシアの有効成分のフィナステリドがドーピング検査で引っかかったことがあるので、
スポーツ選手は使用しないほうが良いです。
副作用は、たいてい、徐々に無くなっていきますが、初期脱毛という副作用は、
ハゲの治療をしている人にとっては酷過ぎる副作用です。
抜ける髪と、これから生えてくる髪に対する期待がせめぎあって、
かなりのプレッシャーになります。
髪を生やそうとしている薬の副作用が脱毛なんて、偶然とは思えないような組み合わせです。
試練を耐えぬいたものだけが、発毛、増毛の喜びを得ることが出来るという神話のような話になっています。

i-mobile

前半を読む
PC版で見る
(C)プロペシアの初期脱毛