◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
鏡の水垢の落とし方
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


鏡に水垢がつくと見にくくて邪魔です。
浴室や洗面所の鏡、お風呂場のステンレス、ガラス、車、キッチン、洗濯機などいろいろなところに水垢がつきますが、やはり一番邪魔なのが鏡でしょう。
特にお風呂場や洗面所でひげをそったりしたい時に、まったく見えなくて不便だったりします。
クエン酸は酸性なので水垢や石鹸カスなどのアルカリ性の汚れを中和して溶かすそうですが、そんなもの用意していないという人も多いでしょう。
水垢掃除グッズを持っていればよいですが、そうでないときは面倒です。
また、鏡を風呂場で使用する場合、くもりもかなりストレスになります。
鏡が曇るのを防ぐためには、石鹸などを表面に塗って、軽く流すと膜ができて、見やすくなります。
ただ、この場合でも水垢がついているとよく自分の顔が見えません。
重曹をスポンジにつけて磨くことでもきれいになります。
洗車のときは、水で流すだけでは簡単にはとれません。
スポンジでちょっとこすってだけでも、車が乾くと復活します。
ワックスをかけて、からぶきまでしないとぴかぴかにはなりません。
台所のシンクの場合は、実害はありませんが、やはり光っていたほうが清潔な感じがします。
金たわしでこすらないと取れないこともありますが、傷つけると、今後水垢がつきやすくなってしまいます。
専用の洗剤や水垢落としがあると便利です。
トイレにはTOTO水あかクリーナーを使用するとよいです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)鏡の水垢の落とし方