◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シックハウス症候群の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


シックハウス症候群は、室内の空気が揮発性の化学物質などで汚染されることにより、
化学物質に過敏な人が、めまい、頭痛、倦怠感、疲労感、吐き気などの症状をうったえることをいいます。
室内の化学物質により、健康状態が悪化してしまいます。
原因は、防腐剤、塗料溶剤、接着剤、木材保存剤、防蟻剤などの化学物質です。
他にはホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、ベンゼン、木材保存材、可塑剤、防蟻剤などです。
揮発性の化学物質は呼吸などで体内に侵入しやすいので注意が必要です。
症状として、特徴的なのは、倦怠感、疲労感、頭痛、肩こり、吐き気、目の不調、胃腸の不調、皮膚炎など自律神経症状です。
他には、不眠、不安、うつ状態、不安愁訴などの精神障害。
のどの痛み、乾きなどの末梢神経障害。
下痢、便秘、悪心などの消化器障害。
などさまざまな症状がでます。
自律神経失調症、更年期障害、花粉症、また、ストレスによる疾患などとよく似ている症状なので、病院で検査しても異常なしだとされてしまう場合があります。
更年期障害とにているので、女性だと特に検査で判別がつきにくいです。
病院へ行くなら、できればアレルギー科がよいです。
住宅を新築したり、改築した場合、転居した場合に、症状が出た場合は、可能性があります。
シックハウス対策のためには、まず、原因となっている化学物質を特定することです。
有害な化学物質を特定できたら除去します。
揮発性の化学物質が原因となっていることが多いので、室内を締め切り、温度を上げて、化学物質の揮発を促したうえで、換気すると言うベイクアウトという方式があります。
新築、改築以前の場合は、建材に揮発性の化学物質を含まないものを選んだり、できるだけ風通しのよい設計をするようにします。
その上で、普段から換気を頻繁にするようにします。
日用品や家具なども化学物質をできるだけ含まないものにします。
シックハウス症候群の症状がひどい、おさまらない場合は医師に治療してもらう必要があります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)シックハウス症候群の治療