◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スプラウトの育て方
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


スプラウトは野菜の新芽のことで、ブロッコリーの新芽が有名です。
ブロッコリー以外に、アルファルファ、クレス、もやし、レッドキャベツ、かいわれ大根、マスタード、豆苗などもよく知られています。
クレスとは、葉に辛味のあるサラダ用カラシナ類の一般名です。
クレソンといえば、わかるかもしれません。
アルファルファは、もやしに良く似ています。
かいわれ大根は昔からなじみ深いと思います。
最近になって、もてはやされるようになったのは、スルフォラファンというガン予防に効果が期待できると言われている物質が、
成長してしまった野菜よりも、新芽にたくさん含まれていることが発見されたためです。
スルフォラファンには、ピロリ菌を減らす作用があるので、胃潰瘍や十二指腸潰瘍にも効果があると言われています。
大きく分けて、もやしタイプ、かいわれタイプ、中間タイプの3つに分けられます。
もやしタイプには、緑豆もやし、ブラックマッペもやし、大豆もやし、アルファルファなどがあります。
かいわれタイプには、かいわれ大根、ブロッコリー、クレス、マスタード、豆苗、紅タデ、蕎麦の芽などがあります。
中間タイプはブロッコリーです。
他には発芽玄米もそうです。
スーパーに行くと、最近は見たことも無いようなものがいろいろ販売されています。
発芽玄米の場合は、状態としては、単に発芽させただけです。
スプラウトの栽培方法は、まず、暗室で発芽され、かいわれタイプ、中間タイプは光に当てて緑化させ、もやしタイプは緑化させません。
育て方は簡単で、小学校の時に、もやしを育てたことがあるという人も多いです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)スプラウトの育て方