◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
むくみの原因
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


むくみの原因は、いろいろあります。
まず、症状がでる場所が違うので、各部位ごとに見ていこうと思います。
足の場合は、たっている時間が長い、または、長時間座っていることなどが誘因となっています。
足の細胞と細胞の間に余分が水分がたまってしまうことでなってしまうようです。
靴下や下着のサイズが合っていないことも問題となります。
女性の場合は、生理などの身体の変化によっても、むくみを引き起こしてしまうことがあります。
そのため、妊婦などは例えば妊娠後期になりやすいという話があります。
手のように、心臓よりも上の部分はなりにくいといわれていますが、なぜか顔はむくみます。
それは、眠っているときに顔が下になっていたりするからです。
さらに、お酒を飲みすぎたときなどは、血液中のアルコールの濃度が高くなることを解消するために、血管内に水分が出て、ふくらんでしまいます。
つまり、浸透圧がかわることで顔が膨らんでしまうということです。
脚の中でも、ふくらはぎが特に気になる事があります。
その場合は、脚の疲労によると思われます。
疲労により、筋肉が硬くなり、血行が不良になることで、ふくらはぎの部分に水分が集中してしまうのです。
妊婦が妊娠中にむくんでしまうということは知られていますが、これは体重の増加により、足に負荷がかかるための疲労によっておきてしまうなどの、物理的な側面だけでなく、高血圧、尿タンパクを併発する妊娠高血圧症候群とも関係しています。
俗にいう妊娠中毒症のことです。
この原因に関しては、いまだはっきりとはわかっていません。
母体が母体の変化に追いつくことができないのが原因なのではないかと考えられています。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)むくみの原因