◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
羽毛布団の干し方、洗い方
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


羽毛布団の洗い方は、状態によって違います。
自宅で選択したい場合は、キルティングが施されているかどうかによって違います。
キルティングされている場合は、羽毛がよらないので比較的簡単ですが、
されていない場合は、紐でしばって、よらないようにして、洗濯するのが一般的な洗い方です。
乾燥機で乾燥させる場合は、温度に注意します。
家庭の乾燥機で温度が設定できるのなら良いですが、温度の調節ができない場合、
高温になる乾燥機に入れると、痛んでしまいます。
できれば、専門業者にクリーニングに出した方が良いです。
ただ、羽毛布団のクリーニングの料金は3000円以上することが多いので、
激安の1万5千円くらいのものの場合は、自宅で選択した方がよいかもしれません。

購入してから、洗濯、クリーニングなどの手入れに、どの程度お金や手間をかけてよいかが羽毛布団の選び方にかかわってきます。
通販で激安のものを購入するのなら、家庭で洗濯して、痛んでも、打ち直しやリフォームをするよりも、また、通販で同じようなものを購入した方が料金も安上がりになるかもしれません。
人は環境を変わるのを嫌がるという傾向があるので、高くてよいものを買って、大切に長い間使用し続けるのも良いと思います。
その場合は、手入れに注意する必要があります。
赤ちゃんや猫などがいる場合は、おもらしをされてしまうことがあります。
手入れが大変で、おもらしなどでよごされてしまうと困ってしまいます。
楽天でも羽毛布団クリーニングなんてことをしている販売店もあったりします。
楽天だと株式会社サンモトが有名なメーカーです。

i-mobile

前半を読む
PC版で見る
(C)羽毛布団の干し方、洗い方